2010年01月22日

震える声「やってません」=「自白」撤回のテープ再生−足利事件再審公判・宇都宮(時事通信)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、無罪が確定的となっている菅家利和さん(63)の再審第4回公判は、21日午後も宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で続いた。菅家さんが検察官の調べに虚偽の「自白」を撤回し、震えた声で否認に転じた生々しい様子が録音テープで再生された。午後の公判では、菅家さんが足利事件の一審公判で「自白」から否認に転じる約2週間前の92年12月7日、森川大司元検事が菅家さんを取り調べた際の録音テープなど2本が再生された。
 再生テープによると、足利事件と別の女児殺害事件2件(未解決)について、「本当に君がやったのかそこを聞きたい」と森川元検事から問われ、菅家さんは一転して「やってません」と震える声で答え、3事件を否認。県警が逮捕前日に任意同行した時の出来事を中心に10分ほど詳細に語った後、「警察で夜遅くまで調べられまして。全然認めてくれないんですよ。このままやってないと言うと、殴るけるとかされるんじゃないかと」と声を詰まらせた。
 元検事が事件への関与を再度確認すると、「全然かかわっていません。絶対言えます」と返答。「裁判所では事件は間違いないと認めたでしょ。なぜなの」と聞かれると、「警察の人が裁判の時はちゃんと話すんだぞと言うから」「警察でも拘置所でも同じような所と考えてた」と涙声で説明した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
取り調べテープ再生=「話しちゃえよと言われた」
拘置所移送中、警官に暴行=脅迫で起訴の男逮捕
山本死刑囚が病死=組長ら5人射殺
菅家さん、故郷で除夜の鐘=釈放後、初の年越し

日教組28万人割れ=新採用者の加入率も低下−文科省(時事通信)
民主党に銃弾? 届く=小沢幹事長あて(時事通信)
日本脳炎ワクチンの接種勧奨を再開へ―厚労省(医療介護CBニュース)
普天間決着「言質ある」…米国務次官補(読売新聞)
乗用車がパトカー2台と衝突=公務執行妨害で男逮捕−盗難車で飲酒運転・警視庁(時事通信)
posted by ユカワ アヤコ at 01:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

【揺らぐ沖縄】与野党なぜ「傍観」 移設先困った民主/ねじれに悩む自民(産経新聞)

 17日に告示された名護市長選に、民主党や自民党などの中央政党は、まるで「傍観者」のような態度をとっている。民主党は日米合意に基づく現行計画(名護市辺野古への移設)反対派の候補者を推薦しているが、鳩山政権は辺野古以外の移設先がなかなか見つけられないのが実情。自民党も移設問題の争点化は避けたい事情があり、普天間問題が話題になればなるほど、中央政党は選挙戦に手を出しにくい状況になっている。

  名護市民うんざり…普天間飛行場移設問題と名護市長選の経緯

 「どのような方が選ばれるかは、それなりの判断になる可能性はあるが、まずは(政府・与党の沖縄基地問題)検討委員会でしっかりと検討していくことに尽きます」

 民主党が移設反対派の候補者を推薦しているにもかかわらず、鳩山由紀夫首相は17日、神戸市内でこう発言し「中立」の立場を強調した。煮え切らない態度の背景には選挙結果にかかわらず移設問題に「フリーハンド」で臨みたい意向がにじんでいる。これについて、与党幹部は「(移設先の)選択肢を狭めるのは得策ではない。みんな本音では容認派が勝つほうがいいのかもしれない」と解説している。

 また、民主党は「これまでも地方選には入っていない」(党選対幹部)として、党幹部らの現地入りは予定していない。「党幹部が応援演説で移設反対や県外移設などの『言質』をとられることを避けている」(中堅議員)からだ。

 国民新党も移設反対派を推薦しているが、下地幹郎政調会長は「党本部としては地方選なので介入せず、沖縄側で対応したい」と述べるにとどめている。気を吐くのは「県外・国外移設」を声高に主張してきた社民党ぐらいだ。

 一方、自民党は前回市長選で推薦した移設容認派の現職に近いものの、表だった応援活動はしていない。

 党執行部は辺野古移設を支持、だが、沖縄県連は主張を「県外移設」へ転換、ところが、候補者は辺野古移設容認派…と、普天間問題について複雑にねじれた党内事情があるからだ。自民党の大物議員が現地入りすれば、普天間問題が注目され、かえって選挙戦が不利になる。執行部は事態を静観。谷垣禎一総裁も「国が判断すべきことを、地方選の選択にかからしめる言動は間違っている」(15日)と述べ、移設問題が争点になることを牽制(けんせい)している。(山田智章)

【関連記事】
名護市長選 かすむ争点、冷めた市民
辺野古移設は「日本に対する侮辱」 リベラル派米議員
冷静装う米、普天間の深追い避けたが…外相会談の思惑は
普天間はどこへ…名護市長選を注視する宜野湾市民
国政揺るがす首長選…不幸な歴史いつまで 名護市長選

陸山会土地購入 中堅ゼネコン2社を家宅捜索 東京地検(毎日新聞)
将棋 初日から激戦に突入…王将戦・第1局(毎日新聞)
<がん細胞>悪性化の仕組み判明 群馬大(毎日新聞)
ホットラインやっと全国稼働=共通番号で相談受け付け−消費者庁(時事通信)
センター追試972人に(時事通信)
posted by ユカワ アヤコ at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ランドセル>男子の「黒」が復活 女子は5割が「ピンク系」(毎日新聞)

 クラレが実施したランドセル購入調査から、今年の傾向がまとまった。ランドセルのカラー化が広がりを見せる中、男子は「黒」が昨年より増え、復活の兆しを見せた。女子はピンク系が半数を占めた。購入先ではインターネットをあげる人が増え、ランドセルもネット購入が定着しつつあることがうかがえた。

 調査は同社の人口皮革「クラリーノ」製のランドセルを購入し、アンケートハガキ(2009年12月19日まで同社着)に答えた人の中から、無作為抽出で400人の回答を集計した。

 ランドセルの色については、男子が黒(57.5%)▽青系(15.5%)▽紺系(14.5%)▽緑系(6.0%)の順。黒が昨年より2.5ポイント上昇した。一方で女子はピンク系50.0%で半数を占めた。続いて赤(27.5%)▽青系(13.0%)▽茶系(7.0%)。同社によると、人気のピンク系にもピンク、チェリーピンク、ローズピンク、ストロベリーピンクとさまざまな展開があるという。また女子では茶系が昨年より3.5ポイントも上昇するなどし、同社は男子に比べ女子のランドセルのカラー化が進んでいるとしている。

 購入先は1位が量販店(43.2%)で、次いで百貨店(23.5%)、インターネット(11.2%)の順になった。今シーズンは、東京・大阪の主要百貨店が例年より1カ月〜2週間ほど早くランドセル商戦を開始したこともあり、百貨店は昨年より6ポイントの増加となった。インターネットについては、2006年(5.0%)に初めて登場し、昨年9.0%からさらに伸びている。同社は、ランドセルの新しい流通手段として消費者の信頼感と安心感を獲得したと分析している。

 購入金額の平均は3万4200円で、昨年より600円アップした。男子の平均が3万800円なのに対し、女子は3万7600円で、6800円も高い。

 同社によると、近年はランドセルを小学6年生まで使用する傾向が強くなってきている。購入の際は「丈夫で長持ち」「軽量」「飽きがこない」などをポイントに選ぶと良い、とアドバイスしている。【江刺弘子】

「助かってほしい」=発生から5日、家族ら会見−10人乗り漁船遭難事故・長崎(時事通信)
<石川議員逮捕>鈴木宗男氏に涙の電話(毎日新聞)
免許条件の眼鏡掛けず乗務=東海道新幹線の運転士(時事通信)
バイアグラ 模造品販売容疑で弘道会系組幹部逮捕 愛知(毎日新聞)
<福俵引き>七福神が家人と綱引き 大分・天瀬町高塚(毎日新聞)
posted by ユカワ アヤコ at 06:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。